パブリックリレーションズ ワークショップin 川崎

NA JAPAN REGION PRESENTS
PR WORKSHOP
NA WORLD SERVICE
日時 11/8~11/9(木・金)
会場 川崎市教育文化会館 イベントホールA
〒210-0011 神奈川県川崎市川崎区富士見2丁目1-3
川崎駅より徒歩15 分

NA ワールドサービスより、PR マネージャーのジェーンを招き、2日間の広報、H&I、地域との関係性などを含めたワークショップを2日間にわたって行います。約10年ぶりのNA ワールドサービスからのゲストでのワークショップ。この機会に、サービスに興味のある方や、現在サービス活動を行なっている方々、ぜひご参加ください。
会場近隣での安い宿などもあるそうです。参加は無料。詳しくは下記にお問い合わせください。

11/8 13:00~  PR ベーシックスを使ったワークショップ アイスブレイク、Q&A セッション含む
11/9 10:00~  3セッションのワークショップ
1 誰が私たちのミーティングに参加できていないのか?
2 手を差し伸べるための行動プランの改善
3 第一の優先事項の実践

ゴミを持ち帰っていただければ、昼食持ち込みOK
会場設営など、手伝える人は手伝ってください
お問い合わせは 09063503970(ウメ)
PRWORKSHOPチラシ

リーチングアウトへようこそ!

このNAワールドサービスのニュースレターは、NAメンバー、回復中のアディクトに関わる専門家、刑務所にいるNAメンバ―、メンバーに病院や施設を提供する方々のための資源であるかもしれません。

リーチングアウトは、収監されたアディクトがNAの回復プログラムにつながるのを助け、H&Iの努力を強化し、そして社会の有用な一員になるために「内部」からうまく移行したメンバーからの経験を提供します。

「内側から」のセクションには、NAを通じてアディクションからの回復を見つけ、それを維持しながら、経験、強さ、そして希望を共有する投獄されたアディクトからの手紙とイラストが詰まっています。

「外部から」のセクションでは、地域社会で薬物のない生活を送っており、かつては投獄されていたメンバーの話を特集しています。多くの場合、「外側」のメンバーからのイラストがあります。さらに、このセクションでは、通常のNAミーティングに出席できないアディクトにNAの回復メッセージを伝えることを重んじており、深く関わっているH&Iメンバーからの経験を提供します。

これらの手紙は、彼らが新しい生き方への希望を提供し、そしてNAプログラムの有効性の証拠をどんな読者にも提供することで、多くの人にインスピレーションを与えます。

日本LTCより
今回、年4回発行されているリーチングアウトを試験的的に日本語に翻訳いたしました。リーチングアウトの翻訳に関してのご意見をお待ちしています。

リーチングアウト2016年1月号日本語版 ダウンロードはこちらから


rout31_1_2016-color_japan

NA APF 女性の回復についてのアンケート

APF女性FD ワークグループ(女性が回復していけるNA を育てるための活動)では、女性の回復のためのアンケートを行っており、日本リージョンもこの調査に参加します。アンケート結果は世界中の女性FD活動の基礎になり、また、日本リージョンでも役立てていきたいと考えています。

■ アンケートの対象は女性(自分を女性であると思う人)です
NAが、回復を続けたい女性にとってどのような環境であるか。現状にどんな問題があるかを知り、解決のためになにが必要か、どうするのかを考えるために行います
■ だれが何を回答したかはわかりません。安心してご回答ください。
■ アンケートに回答するかどうかは任意です。また、回答できる範囲で答えていただければ大丈夫です
◾︎ 各エリアにウェブ・携帯が使えない方々用に、紙媒体でも配布しておりますので、他の女性メンバーにもこのようなアンケートを行っていることを伝えていただければ幸いです。

■ 回答の期間 2019年 9月30日

アンケートフォームはこちらです(携帯からでも可能)簡単に答えていくだけで10分ほどで終わりますので、たくさんの未だ苦しむ女性のメンバーのために、ご協力ください。