APF(アジア・パシフィック・フォーラム)

APFの概要(APFとは)

グループ、エリア、リージョン、ゾーン、ワールドサービスという繋がりがあります。このリージョンとワールドサービスの間にある「ゾーン」というコミュニティがAPFになります。APFとはAsia Pacific Forum(アジア太平洋地域の集い)の略で、1992年のワールドサービスカンファレンスで認可されました。ゾーンの問題を近隣地域のリージョンの代表者が、年に1回集まり、サポートしあう繋がりを設けいています。そのために、各問題を解決するためコミティがAPF内で発足しており、インターネット会議を行ったり、FD(フェローシップデベロップメント)と協力してNAが発展していない地域を支援するなどの活動を行うなどの活動を行なっています。2015年は23のリージョンとワールドボードが参加した。(ハワイ、オーストラリア、東アジア、東南アジア、中東諸国など)
参加リージョン(参加予定リージョンを含む)
アフガニスタン、ニュージーランド、オーストラリア、バングラディシュ、バーレーン、ブータン、カンボジア、中国、グァム、ハワイ、香港、インド、インドネシア、イラン、日本、クウェート、マレーシア、モルジブ、ネパール、NERF、オマーン、北パキスタン、南パキスタン、フィリピン、サウジアラビア、シンガポール、韓国、タイ王国、UAE、ベトナム
2020年はタイ チェンマイでの開催が予定されている(現在未決定)

APFデリゲートミーティング開催情報

2020年のAPFは現在調整中

2019年のAPFインドネシア バリの議事録(英語PDF)

■その他のおしらせ
3年前のカトマンズでのAPFより「女性FD」ワークグループが立ち上がりました。これは女性のために改善してよくしていこうという取り組みです。そのためのアンケートをウェブで行いたいと思いますので、このウェブサイトのトップページで近日中にアップしますので、ぜひ多くの女性の皆様よろしくお願いします。

https://www.apfna.org/apf-2019 APFウェブサイト

今後詳しい情報がAPFのウェブサイトで公開されていきます。https://www.apfna.org