3月6日 回復を遠のかせる理由づけ

「12のステップを行ったからには、自分をだますという昔のやり方にしがみ ついているわけにはいかない」
Basic Text第二部個人の物語 P.176


 私たちはみな理由づけをする。自分でもそれが理由づけだと分かっているし、 認めていながら、それでも自分で理由づけた理屈のもとに行動することがある。 回復がつらくなるのは、理屈にならない理由をつけて、自分にはこの簡単なプ ログラムの原理は合わないのだと結論づけるときだ。
 そんなときにはスポンサーやNAの仲間たちの助けを借り、自分の行動をど う理由づけているかに目を向けてみよう。その理由とは、このプログラムの原 理はどうしても自分に合わない部分があるというものか。それとも自分は、ナ ルコティクスアノニマスの仲間のだれよりも、たとえ何十年クリーンを続け ている仲間よりも、何でも知っているからというものか。だとしたら、そこま で自分が特別だと考える根拠は何だろう。
 いまは何とかうまく理屈をつけながら、回復を切り抜けているのだろうが、 いつかは真実に真正面から向き合い、その真実に沿った行動を取らなければな らない。12のステップという原理は、回復のなかにいる私たちを新たな生き方 へと導いてくれる。その生き方のなかには、理由づけが入り込む余地などな のだ。


今日だけ:私は自分を欺きながらステップを行うことはできない。自分が 理由づけをしていることを点検し、スポンサーにそれを打ち明け、取り除いてみ よう。