12月16日  (火のないところに)煙は立たない

「かなりの期間クリーンでいられたメンバーの敵は自己満足からくる安心感 だ。その感覚に長いこと浸っていると、回復の進行は止まる」
ベーシックテキスト P.134

 回復のなかで自己満足を認めるのは、部屋のなかに立ちこめた煙に気づくよ うなものだ。ミーティングの参加回数がだんだん減り、新しい仲間とはめった に連絡を取らなくなり、スポンサーとの関係もおろそかになると、部屋に「煙」 が充満してくる。それでも自己満足に浸り続けていると、立ち込めた煙のため に脱出口が見えなくなり、直ちに策を講じなければ大惨事にもなりかねない。

 私たちは、自己満足という煙を見分けなければならない。NAにはそのため のあらゆる手助けがある。私たちは回復中の仲間と一緒にいる必要がある。な ぜなら、自分で気づくより先に、仲間が私たちの自己満足に気づいてくれるか らだ。また、新しい仲間に会うと、アディクションのまっただ中にいたとき、 自分がどれほど苦しかったかを思い出させてくれる。スポンサーは、わき見を するなと言ってくれる。手の届くところに回復の文献があれば、小さな火が燃 え始めたときに消し止める役に立つ。そういう小さな火はときどき燃え上がる ことがあるからだ。回復にきちんと取り組んでいれば、一筋の煙が立っただけ で気づくことができる。そうすれば、大惨事には決して至らないのだ。

今日だけ:私は自分の回復に、あらゆる面から取り組むつもりだ。NAに本気 でかかわろうとする気持ちは、つながったばかりのころと変わらずに強固なも のだ。