今日だけメール配信登録フォーム

NAWAY(NAマガジン)日本語版

NAリージョナルコンベンションIN大阪

サイト更新窓口及び
掲載されるまでの流れ
NAとは
全国ミーティング場情報
自分はアディクトか
どうするのか
何故私たちはここにいるのか
ジャパンセントラルオフィス
FAQ
リンク
ホーム



携帯サイトQRコード



第13回NAリージョナルコンベンションIN大阪

 ■ FAQ

 ナルコティクス アノニマスとは回復に向かっているアディクトのための 非営利的で国際的な、そして地域に根ざした組織であり、113ヶ国以上で 活動しています。 ナルコティクス アノニマス(以下NA)のメンバーはどのようにして薬物 なしで生きていくのか、そしてどのようにして生活の中でのアディクション の影響から回復していくかを、お互いから学びます。

 もし、あなたが誰か薬物に問題のある人にNAを奨めようとお考えなら、 私たちの組織について いくつか聞きたい事があるでしょう。 以下にいくつかの疑問について答えています。

ここ(NA)に来る時にクリーン(しらふ、薬物を使ってない状態) である必要はありません。しかし、あなたが初めてのミーティングに参加した 後で、私達はあなたへ(NAミーティングに)来続けるようにと、 そしてクリーンで来るようにと提案します。
過剰摂取に陥ったり有罪判決を受けたり、または、もはや回復が望めないとゆう 状態にまでなる前に、NAからの手助けを得たらどうでしょうか。
NAの12ステップのプログラムと、回復に向かっているアディクト達のフェローシップ (集まり)からの助けがあれば薬物を使いたいとゆう願望を克服することができるのです。

 NAのメンバーになるには
薬物使用を止めたいと望む方なら誰でもNAのメンバーになれるのです。 アディクトがメンバーになるために、使用している薬物の制限を設けていません。 メンバーになるのに、使っている薬物の種類は問いません。 合法、非合法の物にかかわらず、アルコールも含めて、薬物に問題があると 感じている人なら誰でもNAに歓迎します。 NAでは、回復はアディクションの問題に焦点をあてています。 特定の薬物に対してだけではありません。
 アノニミティ
匿名性の基本的な前提とは、アディクトが法的なあるいは社会的に好ましく ない影響の恐れを持つことなくミーティングに参加できるためのものです。
これは、ミーティングに始めて行ってみようと考えているアディクトにはと ても大切な配慮です。 アノニミティはまたミーティングの中での公平感を固めるものでもあります。 それは、NAの中で分かち合われた回復のメッセージが個々人のパーソナリ ティーや事情よりも尊重されるようにしているのです。
 NAミーティング
NAでの回復への基本的な取り組み方は一人のアディクトが他のアディク トを助けようとすることで治療的価値があるという考え方です。 メンバーは経験や薬物依存からの回復について話し合うことでNAミーティン グに参加します。 NAミーティングには決まった形式はありません、グループが場所を借り、 そして交代でミーティング会場の開け閉めをしてくれるメンバー達によって 運営されています。 NAミーティングやその他のサービス活動は全て、アディクトメンバーからの 献金と回復のための文献の販売によって成り立っています。 メンバー以外からの金銭的な寄付は受け取りません。 殆どのNAミーティングは、通常一般の公共施設などを借りて、毎週同じ時間に 同じ場所で定期的に開かれています、一般の方も参加できるオープンミーティ ング、そして一般の方は参加できない(アディクトだけの)クローストミー ティングという2種類の基本的なタイプのミーティングがあります。
ミーティングの形式は多様です。
形式としては:参加型、スピーカー(講演形式)、質疑応答形式、テーマに 沿って話す形式があり、またそれらを組み合わせたものもあります。 どのようなミーティングであろうとその役割はいつも同じで、それは個人の 回復のためにふさわしい最適で信頼できる環境を提供することなのです。
 増え続けるミーティング
出席記録はつけないこともあり、NAに来る人がどれくらいの割合で長期間に 渡る断薬を達成したかを推計することは困難であります。 唯一私達の成功を示すことのできる確かなものは、過去数年間のNAグループ の急速な増加であり、北米以外でのNAの急速な広がりでしょう。 1978年の頃、私たちは3つの国で2百足らずのグループが登録されていました 、82年には、11カ国で1200グループになり、2002年の1月には113カ国で推定 19743以上のグループが毎週30051のミーティングを開くようになりました。